記号っぽい漢字10選

えっあなたは漢字だったの!?
記号っぽい漢字10選
(マウスオーバーで答えと解説)

【答え】 しめ

部首:丿 画数:2画 【解説】 「〆切り(しめきり)」などで用いられる「〆」は、 苗字や地名にも用いられている立派な漢字。 「ノ部(へつぶ)」を部首に持つ漢字は、 他に「乃」「久」「及」「乏」「乗」など。但し、「漢字」とは言っても国字(コクジ)つまり 「漢字にならって日本で作られた文字」のため音読みはなく、「しめ」という訓読みのみ。

【答え】ガイ

部首:丿 画数:2画 訓読み:か(る)、おさ(める) 【解説】 乂とは、草刈りばさみの形からできた漢字で、「刈」の原字。

【答え】でこ

部首:凵 画数:5画 音読み:トツ 【解説】 凸凹は「でこぼこ」、凹凸は「おうとつ」。 順番を入れ替えると、訓読みと音読みが入れ替わります。

【答え】 ぼこ

部首:凵 画数:5画 音読み:オウ 訓読み:くぼ(む)、へこ(む)、へこ(ます) 【解説】 入射した平行光束を収束させる働きを持つものを凸レンズ 発散させるものを凹レンズと言います。

【答え】まる

部首:囗 画数:1画 音読み:レイ 【解説】 『新漢英字典』によると「「〇」は「マル」と「レイ」という 「音読み」と「訓読み」があるから漢字ですが、所説はあります。 Googleの検索では一般の記号は無視されますが、 「〇」は記号ではなく漢字の一部として扱われます。

廿

【答え】 にじゅう

部首:十 画数:4画 音読み:ジュウ 【解説】 「十」という漢字は数の10を表します。 対して「廿」は20を表す漢字。 「十」は縦棒が1本、「廿」は縦棒が2本。 学校では習いませんが、廿日市市(はつかいちし)がある 広島県民はみんなが知っている漢字です。

【答え】 さんじゅう

部首:十 画数:5画 音読み:セ、セイ、ソウ 訓読み:よ、みそ、さんじゅう 【解説】 「十」を3つ重ねたものだから、丗は「三十」の意味。 多くの辞典では「世」の異体字、 漢検漢字辞典では「卅」の異体字として扱われています。

【答え】 よんじゅう

部首:十 画数:5画 音読み:シュウ 訓読み:よそ、よんじゅう、しじゅう 【解説】 棒の数で十の位が示されているので、分かりやすい。

【答え】 まんじ

部首:十 画数:6画 音読み:パン、マン 訓読み:まんじ 【解説】 少し書き方を間違えると世界的なタブー「ナチスの鉤十字」に なってしまうので要注意。

【答え】 おなじ

※「人々」「各々」「佐々木」など漢字に 混ざってよく使われるため、漢字だと思われがちですがただの記号です。 「々」は踊り字と呼ばれる記号の一つなので、 漢字としての読み方はありません。

いくつわかりましたか?
まだまだある面白い漢字、
皆さんもぜひ見つけて見てください

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です