Why Quiz?

クイズにすることの3つの

情報のPRに最適

製品、サービスの内容を記事としてプロモーションをした場合、どうしても関係のないものが含まれます。クイズによって、情報を絞り込み、「伝えたかった」ものを刺さる情報として発信できます。

参加感を演出

オリジナルのクイズを作り発信することで ユーザーの興味や好奇心に訴えかけることができ 企業や製品、サービスに直接関心を 持ってもらうことができるのです。 またユーザーの参加が無くしてクイズは成立しません。 継続的で積極的なユーザーを確保する武器になります。

不自然なPRが無くなる

PRといえば、どうしても自社商品の売り込みという 側面が強く、ユーザーにとっていやらしいものに写ります。 日常の中に溶け込んでいるクイズに変換することにより、 自然な形でユーザーの心に飛び込む情報になります。

知識力UPクイズを解くことの

思考の「スピード」と「質」が高まる

ビジネスで論理的に考えることを求められるのは、

多くが「問題解決」の場面。

 

何か課題がある場合「悩んでいる状態」か「考えている状態」かを

把握できないことが多くあります。

クイズ思考によって、今ここにある問題をクイズに置き換え

明確にすることが出来、根拠が伴った結論へとたどり着けるのです。

論理的クイズの考え方が身につくと、ステップやルールが

頭へ常に入っている状態となり、悩む時間や無駄な思考が減り、

課題をスムーズに解決することができるのです。

編集能力がUPする

散らかった思考を「収束」させられるがクイズ

課題について思考の幅が広がりすぎてしまい、

結論がまとまらないことが多くあります。

 

「答えを出すべき問いは何か」を

編集によってそぎ落とし、抽象的であった問題から

優先順位が高いものへに代わりビジネスが加速するのです。

編集によって「答えの根拠」とセットの思考が身につくと

答えの説得力がより高まるのです。

マーケティングに強くなる

編集した問題から答えを出す上で

客観的に状況を分析することが求められます。

なぜその答えなの??という「答えの根拠」を

深堀りするという客観的妥当性です。

クイズで、敏感な視点が身につくと、ビジネスにおいて非常に大事な

「いかに人の目を惹きつけるか」という部分を磨くことができ、

結果、必然的に「マーケティング能力」が鍛えられるのです。

学びクイズ にチャレンジ